仙台の探偵事務所、東北総合調査相談室HPはコチラ

2008年04月09日

浮気調査を依頼する男性のかたへA

こんばんは。
仙台の探偵Fです。

前回の続きです。


依頼者は帰宅した奥さんに対し「どこへ行ってたの?」と聞いたところ「ちょっと友達のところ…」などと曖昧な返事しか帰ってこなかったそうです。


実はこの奥さん、3年前と7年前にも、出会い系サイトを使って浮気をした前歴があったそうです。もしかすると、発覚していない浮気もあったのかも知れない、との事です。この事から依頼者は、「また浮気に違いない!」と思い、当社に電話をかけて来ました。

この依頼者は当初、彼なりの根拠から、何故か

・女房はこっそり飲み屋でバイトしている。

・女房は毎晩のように、男とラブホテルに行っている。

と決めつけていて、私が「相手のある事ですし、高いお金をかけて毎晩同じ女性とラブホテルに行くなんて、通常では有り得ません。予算も限られていますから、○○さんがトラックで出かける晩に奥さんの行動調査をしてみましょう。」
と提案したのですが、「一週間ぶっ続けて、パート先での勤務終了後から 尾行をしてほしい。土日は朝から監視をしてほしい。」と言い張るので、その通りにする事になりました。



次回に続く
ラベル:浮気の証拠 探偵
posted by 仙台探偵 at 00:52| Comment(0) | 本日の探偵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

浮気調査を依頼する男性のかたへ@

こんばんは。
仙台の探偵Fです。

本日のブログは、奥さんや交際相手の浮気調査を依頼する男性に読んでいただきたいと思います。


内容は、男性依頼者にありがちな依頼の失敗例についてです。

実在する男性依頼者のかたに、承諾を得る事ができましたので、ありのままの内容を書きたいと思います。

依頼者男性は宮城県在住の47歳、長距離トラックの運転手。


対象者は依頼者の妻44歳、月曜〜金曜まで工場でのパート勤務。


この夫婦は結婚23年で、二人の息子はそれぞれ就職して独立しており、夫婦二人暮らし。


依頼者は長距離トラック運転ですから、自宅を留守にしがちで、3日に1日しか帰宅できない生活パターンの為、普段から奥さんの日頃の行動を心配しておりました。


当社に電話をかけるキッカケになったのは、次のような出来事からです。


ある土曜日の午後、依頼者が予定より少し早めの時間に仕事から帰宅すると、普段は居るはずの奥さんが居なかったそうです。


「買い物かな?」と思い、奥さんの携帯電話に電話したところ、何度電話しても電話に出ませんでした。何度もリダイヤルした所、ついには携帯電話の電源を切られてしまったそうです。

次回に続く

ラベル:浮気調査
posted by 仙台探偵 at 00:26| Comment(0) | 本日の探偵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

親権獲得のための調査

親権獲得のための調査

尾行や張り込み
をしながら証拠撮影を行う、いわゆる「行動調査」の調査目的の中で、大多数を占めるのは、「夫(妻)の浮気(不貞)の証拠を集める」事です。

証拠を集める目的は、

浮気の事実が知りたい
浮気をやめさせたい
浮気相手を訴えたい
慰謝料など、有利な離婚がしたい


などが多いのですが、最近は、「子供の親権が欲しい」つまり、離婚後に子供を引き取りたい、という理由から、行動調査を依頼されるケースが増えました。

例えば、すでに夫婦が別居していて、妻側が子供を連れて出ていった場合、夫側が妻の行動調査を依頼し、「母親としてあるまじき行動」をしている証拠を集めます。

子供が小さい場合は、どうしても母親側が親権を獲得するケースが多いですが、証拠集めをすることによって、大逆転をするケースも少なくありません。

父親側に子供をとられている場合、母親側から依頼を受ける事になりますが、こちらのケースでは、親権を獲得できる可能性がさらに高くなります。

「もう無理だ」と諦める前に、探偵社に相談してみる事をお勧め致します。

posted by 仙台探偵 at 00:42| Comment(0) | 親権獲得の為の調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。