宮城県仙台市の探偵事務所、東北総合調査相談室HPはコチラ

2008年12月17日

韓国女優が浮気、姦通罪で有罪に

2008.12.17 産経ニュース

韓国の裁判所は17日、夫以外の男性と浮気をしたとして姦通罪で起訴された女優、オク・ソリさん(39)に対して、懲役8月、執行猶予2年の判決を言い渡した。韓国の聯合ニュースが伝えた。

オクさんは2006年5月末から7月初めにかけて浮気相手の男性(38)と3回会ったという。夫がオクさんと浮気相手を告訴し、2人とも起訴された。オクさんと夫は07年から離婚に向けて協議中。

 求刑は1年6月だったが、裁判所は「当時、夫婦の信頼関係がすでに壊れていた上、過度な遊興費の支出や遅い帰宅で家庭生活を顧みなかった夫の責任も少なくない」などとして情状酌量した。

 浮気相手にも懲役6月、執行猶予2年の有罪判決が言い渡された。

 この裁判をめぐっては、オクさんが「姦通罪は違憲」として憲法裁判所に訴えて関心を呼んだが、今年10月に合憲の判決が出ている。


 
 
 日本でも、浮気相手を民事で訴えて、慰謝料請求をすることはありますが、韓国では刑事事件になってしまうようです。恐ろしいですね。さすがは儒教の国です。

と思ったら・・・ちょっと調べてみたところ、この姦通罪、昔は日本にもあったようです。

1880年に布告された旧刑法(明治13年太政官布告第36号)353条に規定され、1907年に公布された刑法(明治40年法律第45号)183条に引き継がれました。1947年に日本国憲法が制定されるまで続いていたようです。

姦通罪は必要的共犯として、夫のある妻と、その姦通の相手方である男性の双方に成立しました。
姦通罪は、夫を告訴権者とする親告罪とされました。また、告訴権者である夫が姦通を容認していた場合には、告訴は無効とされ罰せられないものとされたようです。つまり、夫の浮気を妻が姦通罪で訴えることはできず、妻の浮気を夫が訴える場合のみ、適用されていたのです。


韓国では現在、配偶者のある者には男女を問わず姦通罪が適用されます。韓国の姦通罪は日本の植民地支配時に作られ、当時は妻だけに適用されたようですが、1953年の刑法改正で夫も対象になりました。親告罪で、昨年は約1200人が起訴されたが実刑を受けた人は50人弱にとどまるそうです。

イスラム圏では、姦通罪を定める国が多く、現在も姦通罪は重罪とされております。、女性が姦通罪で死刑に処せられることもあるようです。



盗聴器を探す



ラベル:浮気 裁判
posted by 仙台探偵 at 20:00| Comment(0) | 探偵のオフタイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。