宮城県仙台市の探偵事務所、東北総合調査相談室HPはコチラ

2009年01月23日

珍しい苗字(雑学探偵その11)

探偵の仕事をしていると、様々な人物に携わりますので、いろいろな苗字に出くわすことが多いです。
今回は様々な珍しい苗字をご紹介いたします。


四月一日・・・わたぬき(春になり綿入れの着物から綿を抜く)
八月一日・・・ほづみ(旧暦の8月1日頃に稲刈りが始まる)
八月朔日・・・ほづみ(旧暦の8月1日頃に稲刈りが始まる)    
月見里・・・・やまなし(山が無いので月がよく見える)
小鳥遊・・・・たかなし(鷹が現れず、小鳥が自由に遊べる)
一・・・・・・にのまえ(一は二の前だから)
二・・・・・・したなが(下の方が線が長いから)
九・・・・・・いちじく(一文字で九だから)

まだまだ沢山あると思いますので、検索で調べてみて下さい。
 
 
良心的な仙台の探偵




ラベル:探偵 苗字
posted by 仙台探偵 at 02:31| Comment(0) | 雑学探偵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。