宮城県仙台市の探偵事務所、東北総合調査相談室HPはコチラ

2009年10月27日

不貞行為とは?

一般に言う「浮気や不倫」は、日本の法律では「不貞行為」に当たります。日本の法律における「不貞行為」の定義は、「配偶者のある者が、自由な意思にもとづいて配偶者以外の異性と性的関係をもつこと」と定義しております。夫婦は同居し、互いに協力し、扶助しなければならない義務を負っており(民法752条)、この中には、夫妻共に貞操を守る義務も含まれています(民法770条1項1号)。この義務に反して一方が不貞行為を行ったという場合には、配偶者の不貞行為を理由に離婚の請求をすることができます。

どこまでが「浮気」でどこまでが「浮気」でないか?の感覚については個人差があると思いますが、法律では「不貞行為」についてかなり狭義に解釈しており、異性と一緒に食事をしている写真や、異性と世間話をしている程度のメールでは、慰謝料や離婚が認められる証拠としては十分ではないと判断されます。ただし肉体関係が立証できない場合でも、「婚姻を継続しがたい重大な事由」にあたると判断されるほどの状況があれば、離婚は認められます。離活を考えている方にとっては、不貞の証拠は重要な切り札となりえます。




不貞行為の証拠ならお任せください。
ラベル:離活 不貞 証拠
posted by 仙台探偵 at 23:50| 浮気の証拠収集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする