宮城県仙台市の探偵事務所、東北総合調査相談室HPはコチラ

2008年12月25日

家庭裁判所(家裁)で親権者を決める基準

家庭裁判所での親権者決定基準

父母が結婚している場合、子の親権は父母両方にあるのですが、
父母が離婚した場合には、父か母どちらかを親権者として決めなければなりません。


父母の両方が親権を主張しても、親権者はどちらか一方になります。

父母の両方とも親権者になりたくない、といった場合でも、どちらか一方が親権者にならなくてはなりません。離婚もできません。

子の出生前(お腹に赤ちゃんがいるとき)に父母が離婚するときは、母親が親権者となりますが、
出生後に父母の協議で、父を親権者と定めることもできます。

どちらが親権者になるかは、父と母の協議によって決定します。

協議よっても決めることができない場合には、家庭裁判所に親権者指定の調停の申し立てを行います。

家庭裁判所では、親権者を決める場合に考慮されている内容があります。(法律では決定の基準となるものを定めていません)
子の福祉を考えて、どちらの親が育てると子どもに利益があり、幸せな生活ができるかを考慮しています。主に、以下の5項目です。

@乳幼児と母親
幼児の養育には、母親とのスキンシップが、必要とされているため、
母親が親権者となることが多いです。

A監護の実績
離婚によって子の生活環境が大きく変化しないよう、生活環境の変化を
最小限に抑えようという考え方。このため、常に一緒にいる時間が長い母親が側が有利になる傾向があります。

;B経済的能力
経済力の有無は、親権者決定の判断としては、よほどの事情が無い限りほとんど考慮されていません。

C子どもの意思
家庭裁判所での親権者指定の手続では、15歳以上の子については、その子の意向を聞かなければなりません。ただし、子の意向は尊重されますが、必ずしも叶うわけではありません。

D兄弟姉妹は一緒に育てる
血のつながった兄弟姉妹を分離することは、子の人格形成に深刻な影響を及ぼす、と言う考え方。




親権の問題

posted by 仙台探偵 at 12:00| Comment(0) | 親権獲得の為の調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

父親が親権を獲得する 離婚調停

離婚調停で協議する事柄で、特にもめる内容のひとつとして、
夫、妻のどちらが親権をとるか?
という事があります。親権者が決まらないと離婚はできません。

親権ついては一般的に、普段から子供と一緒にいる事の多い母親の方が、親権獲得には有利となっています(子供が未成年の場合の親権・監護権)。

しかし、母親側に浮気、虐待、素行不良などの過失がある場合は、状況次第で父親側に親権をもたせる事も充分可能です。こういった準備をしないで離婚調停に望んだ場合、父親が親権を獲得できる可能性はかなり低くなってしまいますので、母親に問題がある場合には有効です。

たとえば、
母親(妻)が育児をしないで、浮気相手と会ってばかりいる証拠
母親(妻)が家事をしないで遊び歩いている証拠

などを収集することによって、離婚の際の親権争いを有利な展開に持ち込むことができる場合もあります。
親権に関して、調停委員に説得されたからと、あきらめる前にご相談下さい。状況により色々な方法があります。

実績多数の探偵社はコチラ
探偵社 仙台



posted by 仙台探偵 at 12:21| Comment(0) | 親権獲得の為の調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

親権とは?

親権とは、子供の看護及び教育をする権利・義務の事です。
(民法820条)

夫婦が離婚する際、未成年の子供がいれば、父母のどちらが親権者となるかを決定する必要があります(民法819条)。

親権には2つの権限及びその義務があります。

第一に、子の身上監護権及びその義務です。

第二に、子の財産管理権及びその義務です。

身上監護権とは、未成年の子の身の回りの世話・しつけ・教育をすることです。財産管理権とは、未成年の子が自分名義の財産を持っている場合、法律行為をする必要がある場合などに、未成年の子に代わって契約や財産の管理をすることです。

未成年は、一人では法律行為はできませんので、法定代理人(親権者)の同意が必要になります。

そのため、必ずどちらが親権者になるかを決めてからでないと、離婚することができないのです。

親権者をどちらにするかは自由です。夫婦の話し合いで決まります。
話し合いで決まらない場合、家庭裁判所に調停の申し立てをします。

調停が不成立の場合は、自動的に審判が開始され、裁判所の審判により定められます。

これら審判、裁判の判断材料を収集するために、探偵事務所に依頼をするケースも多いです。

相談はコチラ
安心して依頼できる仙台の探偵
 


ラベル:探偵 離婚 親権 調停
posted by 仙台探偵 at 04:54| Comment(0) | 親権獲得の為の調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

親権獲得のための調査

親権獲得のための調査

尾行や張り込みをしながら証拠撮影を行う、いわゆる「行動調査」の調査目的の中で、大多数を占めるのは、「夫(妻)の浮気(不貞)の証拠を集める」事です。

証拠を集める目的は、

浮気の事実が知りたい
浮気をやめさせたい
浮気相手を訴えたい
慰謝料など、有利な離婚がしたい


などが多いのですが、最近は、「子供の親権が欲しい」つまり、離婚後に子供を引き取りたい、という理由から、行動調査を依頼されるケースが増えました。

例えば、すでに夫婦が別居していて、妻側が子供を連れて出ていった場合、夫側が妻の行動調査を依頼し、「母親としてあるまじき行動」をしている証拠を集めます。

子供が小さい場合は、どうしても母親側が親権を獲得するケースが多いですが、証拠集めをすることによって、大逆転をするケースも少なくありません。

父親側に子供をとられている場合、母親側から依頼を受ける事になりますが、こちらのケースでは、親権を獲得できる可能性がさらに高くなります。

「もう無理だ」と諦める前に、探偵社に相談してみる事をお勧め致します。


相談はこちら
仙台で評判のいい探偵

posted by 仙台探偵 at 00:42| Comment(0) | 親権獲得の為の調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする